研修を希望される方へ

現在、「職業IT技術者」を目指し「数理・情報通信」等を専攻する、世界の学生の教育状況を比較すると、 日本では「1万6千人」ロシアでは「4万4千人」米国では「6万3千人」インドでは「9万8千人」中国では「13万7千人」と いう調査結果があります。

さらに、コンピューターサイエンスの分野では東京大学が20位であるのに対し中国の清華大学は11位となっており、 人材輩出の観点で、日本が優れているとは言えない状況となっています。又、2014年度の日本の「世界ICT競争力ランキング」は 16位です。

これは、日本が国家間のデジタルデバインド競争の底力に将来陥って行く可能性を示唆しています。 しかし、学校教育においてIT技術者を育成する為には、教師から教育していく必要があり長い年月が必要と考えられます。 しかも、実作業において学卒技術者を使用する事は、本人のみならず、教える側の技術者の生産性を落としてしまい、 一般的に敬遠されがちです。この「ジレンマ」を解決するために一部の民間企業が大きな「リスク」を背負いながら 挑戦しています。弊社におきましても、先輩技術者のチームに参画させたり、月間、数百社に上る顧客の「新規開拓」を 行い、この「ジレンマ」の解決に努力しています。

弊社では、研修期間中の身分は正社員ではありませんが、対象者に「生活支援金(返還の義務はありません)」を支給しています。 これは、才能ある人材が無収入期間が有る為に「IT技術者」への挑戦を諦めない様にする為です。 しかし、明らかに他社に所属しているのに、研修を受講して正社員採用を拒んだり、採用直後に退職したりするケールが見受けられます。 個人においても、意図的に受講後、直ぐに退職するケースが見受けれます。このような「リスク」の増加は、研修制度の存続を維持できない事を意味します。 弊社では、入社後「三年程度」の勤務をお願いしておりますが、特に素性が不明な「ケース等」において「覚書」として「ペナルティ」を課す 契約を締結する事があります。

又、弊社では「ライフアッププラン」を策定し、将来における社員の「待遇面」や、様々な「希望」「目標」等を 設定し、担当営業のみならず各部署間とも協力して実現出来る様に努力しています。「研修制度」については、様々な意見や 議論が有りますが、弊社では、一人でも多くの「技術者」を育成することを「実行」し、その結果で将来の方向性を 見出して行きたいと思います。弊社のみならず国内の「IT企業」が多くの技術者を教育し近隣諸国との「デジタルデバイド」競争に 勝ち残れるように切に願います。

研修制度

当社の未経験者向け研修制度は、3~4ヶ月をかけて基礎からの現場レベルの開発まで学びます。
経験者の方で、ブランクがある、または、スキルに不安のある方も1~2ヶ月の研修が受講可能です。
さらに、数年毎の1~2ヶ月に及ぶスキルアップ研修で複数の言語、スキルを習得できます。
スキルアップ研修は、石垣島本社での合宿形式でも実施できます。

Java、PHP、C#.NET、VB.NET、Oracle、Android...
これらの言語だけではなく、実践的なExcelの使い方やセキュリティ研修も実施しています。

美ら・Relax

”~ちゅらりっくす~” とは

「システムアート」が社員・契約社員の皆さんへ提供する ”~石垣島リラクゼーション~”のことです。私達は、この休暇の事を ”~ちゅらりっくす休暇~” と呼びます。

”仕事も遊びも一生懸命!”・・私達、システムアートの合言葉です。

常に増収増益を達成し急成長してきた”勝ち組”IT企業システムアートの強さの秘密は、この ”至極のリラクゼーション”にあります。

どんなに強い人間でも常に走り続けることはできません。・・・最大限に力を発揮する為には ”最高のチャージ” が必要です。

私達は、”最高のチャージ”をできることが分かっているからこそ、”全力投球”できるのです!

石垣島研修施設

世界で一番石垣島を楽しめる会社です。
年に一度の社員旅行『美らりっくす』。石垣島の保養施設に無料で滞在し、クルーザー、マリンジェット、ダイビング用品などの利用も無料。
南ぬ島(ぱいぬしま)の海を存分に楽しむことができます。

社内イベント・部活動

東京湾クルーズ

毎年、豪華客船を貸しきって「東京湾クルーズ」を行なっております。「社員」や「契約社員」など、ご本人の参加はもちろん、家族やパートナーの参加も大歓迎です。もちろん「参加費用」はすべて無料です。

部活動

現在ゴルフ部、マラソン部、ボルダリング部や、バンド部、テーブルゲーム部、日本酒部など様々な部活動を行なってります。
他にもメンバーを募って新しく部を作る事もできます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ